1. ホーム
  2. ブログ
  3. 高松店
  4. 補聴器を両耳に着けたほうがいいそのワケ②

ブログ

補聴器を両耳に着けたほうがいいそのワケ②

前回のブログで補聴器を両耳に着けたほうがいいそのワケ①として
「言葉が理解しやすくなる」という記事を書きました。
今回は補聴器を両耳で使うメリットの2つ目をご紹介します。

みなさんご家族や友人と外食に行ったりお買い物に出かけたり
騒がしくてにぎやかな場所では会話は聞き取りにくくても
自分の名前や興味のある言葉などは不思議と聴き取れますよね?
本来、周りの雑音や大勢の人の声が混ざっている中で
特定の人の声だけを区別するのは理論的にはできないはずです。
ですがその場で会話しているときには特定の人との会話や
興味を引く言葉は聞き分けられます。
これは認知心理学の分野で「カクテルパーティー効果」と言われるもので
私たちに耳が2つあることに深く関係しています。

音は耳ではなく脳で聴いています。
耳が2つあることでそれぞれに入る音のわずかな大きさの違いや
周波数の違いを聞き分けて脳で処理をしています。
ですから補聴器も両耳に入れて使うことで初めてカクテルパーティー効果を
得ることが出来るんです。
例えば音楽をかけながら読書をしたり、テレビを見ながら電話をしたりして
どちらにも注意を向けることはなかなかできませんよね?
本を読むなら本を読むことに、電話をするなら電話をすることに集中することで
選択的注意が生まれて、その選んだ情報を脳が優先して処理をすることで
それ以外の情報を打ち消す。これもカクテルパーティー効果です。

私たちの耳は2つで一つと言っても過言ではないほどに
左右がそれぞれを補い合って動いています。
その効果を十分に生かすためにも両耳で補聴器が使える場合は
なるべく両耳で使った方が補聴効果は高くなるんですね。

それでは香川県の補聴器専門店、
補聴器専門館 高松から補聴器を両耳に着けたほうがいいそのワケ②、
カクテルパーティー効果についてのお話しでした。