1. ホーム
  2. ブログ
  3. 高松店
  4. 補聴器を両耳に着けたほうがいいそのワケ①

ブログ

補聴器を両耳に着けたほうがいいそのワケ①

まだまだ日本では補聴器は片耳につけるだけでいいと
思われている方が多いですが左右の聴力や言葉の聞き取る力に
大きな差がなければ両耳につけるのが基本です。
世界的に見ても両耳装用が基本で、しかも両耳装用の方が
片耳装用に比べても満足度が高くなっています。

補聴器専門館ではまず3カ月間のお試しをしていただいていますが
その時も両耳の聴力に差がなければ基本的に両耳でお貸出しします。
はじめは片耳だけで充分と言われる方にも
片方だけに補聴器をした時と両方着けた時の効果の違いを
実感して比較してもらうためにもそうしています。

では両耳に補聴器を使うメリットを何回かに分けてご紹介していきます。

まず第一に
「言葉が理解しやすくなる」
ことです。
人間が両方の耳で音や言葉を聴くときに
「両耳加算効果」というものがあります。
これは片耳で聴くよりも小さな音を聞き取ることが出来て
会話だと倍近く聞き取れるようになります。

更に人間の脳は両耳から音が入ったほうが処理が速いので
言葉の理解もしやすくなるんです。
片耳だけだと音はわかっても言葉の聴き取りまでしっかりとするのは
両耳に比べると難しくなります。

それでは香川県の補聴器専門店、
補聴器専門館 高松より 補聴器を両耳でつけるメリットのひとつ、
「言葉が理解しやすくなる」についてのお話しでした。